本文へスキップ

障害年金のことは、『東広島障害年金相談窓口』の社会保険労務士にご相談下さい。

携帯.090-4106-7080

〒739-2115 東広島市高屋高美が丘6-8-3

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

東広島障害年金相談窓口は、障害年金に関する手続きや相談を専門とする事務所です。

サポート体制

  • 東広島障害年金相談窓口では、障害年金で疑問をお持ちの方について障害年金の請求・申請等を専門に行っている2名の社会保険労務士が相談をお受けし、どのように請求するのが最適かをアドバイスさせていただきます。
  • 費用
    お客様のご負担となっている着手金は頂きません。
    報酬は年金が振り込まれてからお支払いいただく完全成功報酬制です。 無料相談も当事務所で行う方法以外にお客様のご自宅またはご自宅近くの適当な場所(ファミリーレストラン等)で行う訪問相談を実施しております。 従って、東広島市以外の方でもご負担をお掛けすることはございません。
  • 社会保険労務士2名体制のサポート障害年金は大きな病気やケガで障害状態になってしまった場合だけでなく、先天的な障害、うつ病などの精神の病気でも要件を満たせば受給できます。 障害年金は、請求・申請しなければ受給することができません。 ところが、障害年金制度自体があまり良く知られていないこと、知識の不足から、多くの請求・申請もれがあるのが実情です。
    東広島障害年金相談窓口では障害年金の請求・申請を専門に行っている社会保険労務士2名がわかり易くご説明し、専門的な知識と方法で障害年金の請求・申請をサポートさせて頂きます。

活動範囲

  • 東広島市、呉市、広島市、廿日市市、竹原市、福山市、尾道市、三原市、安芸郡府中町、安芸郡海田町、安芸郡坂町、安芸郡熊野町、その他広島県全域

受給までの流れ

  • ご相談から障害年金受給までは、下記のような流れになります。
  • @メール・電話にてご相談を開始
    *電話・メール等にてお客様の概略内容をお聞きし、受給の可能性があるかどうか確認させて頂き、 結果を報告します。
  • A面談
    *少しでも受給の可能があると判断した場合には、当事務所若しくはお客様のご自宅又はご指定の場所(ファミレス等)で面談を行い詳細にお話をお伺いします。
  • B受給要件の調査
    *お客様から委任状を頂き、年金事務所等で受給要件である保険料納付状況、その他必要事項を調査します。
  • C診断書、必要書類の入手
    *診断書はお客様から担当医師へ依頼して頂きます。  
     必要に応じて病院への同行、診断書の代理受領を行います。
    *その他必要書類もお客様にて入手して頂きます。  
     ご要望により当事務所で入手します。
    (注)診断書及び必要書類の入手費用はお客様の負担とさせて頂きます。
  • D年金事務所への裁定請求・申請
    *裁定請求書、病歴就労状況等申立書等は当事務所で作成いたします。
    *年金事務所への書類提出及びその後の照会対応は当事務所が行います。 
  • E受給決定及び年金の振込
    *受給決定までには約3月を要し、それから1〜2月程度で年金が振り込まれます。
  • F成功報酬のお支払
    *年金の振込があった後に 成功報酬 のお支払いをお願い致します。
    *万一、不支給となった場合には、お支払い頂くことはありません
    *尚、不支給となった場合、その後の対応についてご相談させていただきます。

お知らせ新着情報

2016年7月15日
精神の障害に係る等級判定ガイドラインが平成28年9月1日から実施。
2016年6月24日
国民年金の保険料猶予制度が50歳未満に拡大されます。
 現在、20歳から30歳未満の人で、前年所得が一定額以下の場合には、申請書を提出し、承認されると保険料の納付が猶予されます(若年者納付猶予制度)が、この年齢が7月以降から50歳未満に拡大されます。
2016年6月1日
「障害年金の認定基準」が一部改正されました。
2016年2月4日
地域差問題、指針導入で支給停止せず(毎日新聞)
 国の障害年金の支給・不支給判定に大きな地域差がある問題で、厚生労働省は4日、是正のためのガイドライン(指針)を今夏から導入することを決めた。指針の適用により一部の地域で判定が厳しくなり、既に年金を受給している人への支給停止が懸念されていたが、年金更新時に障害の状態に変動がなければ、当面は停止を見送る方針。
2015年12月12日
障害年金受給者の約8万人が支給停止
 全国の精神科医でつくる団体は厚生労働省が来年から導入予定の新しい判定指針について、障害基礎年金を受け取っている精神・知的・発達障害者のうち、約7万9千人が支給停止や支給減額になる恐れがあるとの推計を出した。
2015年9月25日
退職した場合の健康保険証の有効期間
 健康保険者証の有効期間は退職日までです。退職した後もその月までは使用できると勘違いされている人が多いです。退職後に使用すると後からの手続きが面倒になったり、返還請求されたりして嫌な思いをすることになります。退職した場合は必ず会社に提出し、使用しないようにしましょう。
2015年4月22日
サイトをオープンしました。

ナビゲーション

ささき社会保険労務士事務所


〒739-2115
東広島市高屋高美が丘6-8-3

090-4106-7080(携帯)
FAX 082-430-8612
E-mail.sip@athena.ocn.ne.jp






          



社会保険労務士 中本事務所


〒739-0007
東広島市西条土与丸1-3-33
 横山ビル401

TEL 082-436-6388
E-mail. nakamoto.sr.com